「子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないの?」 おおたとしまさ

子どもから聞かれたら、さて、なんて答えましょう?
いつも本を読ませていただいている内田さん、福岡さん、茂木さんなど
有名な方々が子供向け、大人向けに書き方を変えて答えてくださっています。

どの方の考え方も本当に的を得ていて、幅広くいろんなことを知っていれば、
いろんな人とコミュニケーションができる、そしてそういう人のところに
たくさんの人が集まってくるということ。

そして、何事をするにも、いろんな勉強をして学んで習得していかなければ
いけないし、何でだろう?と思う気持ちをずっと持ち続けることが大事なんだと
当たり前のことですが、また改めて気づかせてもらえたなあと思います。

ただ子供の頃は、そんなことには気が付かないし、何で?????と
疑問符ばかり並びますね、大人になって、なるほど~そういうことかと
知ることがたくさんあるし、世の中の仕組みが面白かったり、全く興味のなかった
ことが、急に面白く感じることもあるし。後になっていろいろ気づきますね。
でも一日いろんなことに目をむけて、知識を増やすこと。大事ですね!
[PR]

by arinko-mama | 2014-05-07 13:20 | 読書