「僕がメディアで伝えたいこと」 堀潤

堀潤さんを知ったのは、NHKの「ニッポンのジレンマ」という番組の司会を
されていたときです。討論番組なので、すごく頭の回転のいい人じゃないと
つとまらないと思いますが、若いアナウンサーなのに、仕切りが上手だなあと
思っていました。

その後、退職されてしまうということを聞き、ネットでは時々名前をみるものの
TVでは。と思っていたら、MXテレビで春から帯番組が始まるとか。
がんばってほしいですね~。

この本は子どものころからの話、NHKを受けた理由、入社試験、その後の
地方勤務時代から東京勤務時代の話まで。とても興味深く読みました。
組織の中で自分の主張を通そうとすると、いろいろな問題や反発があります。
それでも堀さんは自分の信念を通しているところが、勇気あるなあと思います。

フリーになって大変になるアナウンサーの方や、大企業をやめて転職して
一人でがんばっている人もいますが、なかなか大変なようです。
NHKやTVの映像や報道が作られたもの、都合のいいものに変えられている
という事実を時々耳にするし、情報がたくさんありすぎて、何を信じていけば
いいのかと戸惑うこともあります。情報の選び方というのも常にアンテナを
はって勉強していかなければなりませんね。
[PR]

by arinko-mama | 2014-02-24 16:46 | 読書