「これからの日本、経済よりも大切なこと」 ダライラマ法王14世 池上彰

前回読んだ本は、ダライラマ法王に学生が質問を投げかける
スタイルでした。法王の言葉は本当に胸に響きます。

この本は、法王の考え方、言葉に対して、池上さんが解説をするという
形式でしたが、とてもわかりやすく、私たちがいかにマスコミの文章や映像に
振り回されているのか、情報をきちんと自分で集めて考えていないかという
ことを思い知らされました。

私自身はフルタイムで働いているわけではないのですが、働いているお母さんが
多いです。今日もスーパーの自転車置き場で3年生ぐらいの女の子に向かって
すごい勢いで怒って、「早く探しておいで、ここで寒い中ずっと待ってるから」と
娘をつきはなし、自分が寒い思いをしていることを強調していて、心に余裕が
ない感じがしました。

こういう愛のない母親の言葉を聞いて、あの女の子はどんなふうに感じたでしょう。
一緒に探してくれたらいいのに。寒い思いして待ってるのは私のせいかな。
そして、友達が困っているときも、同じように「探してくれば」と言い放つに
ちがいありません。自分が将来母親になったときにも。
一緒に探してあげようという心の余裕や、娘に対する愛情はどこへ行ってしまったのか。
とても悲しい思いをしました。
お母さんももしかしたら、仕事で嫌なことがあったり、時間的に余裕がなかったり、
よく落し物をする娘がほとほと嫌でめんどうくさい存在なのかもしれません。

働いて働いて心に余裕がなかったり、家族を傷つけてしまうのはちょっと
今の日本の状態が悲しい感じです。思いやりの心をもつこと。忘れがちですが、
日々大事にしたいですね。
[PR]

by arinko-mama | 2014-02-22 20:20 | 読書