「江戸の都市計画」 童門冬二

社会科の採点をしているので、日本史をおさらいしておこうと少しずつ
勉強し直しています。その中で、学生時代には年号や単語を覚えるのに
一生懸命で、なかなかその背景や経緯までゆっくり考える間もなく、
勉強していたので、今大人になって、歴史上の人物がその時代背景の
中でいろんなことを考えたりして、政策や戦いを行ってきたのだと
しみじみ知ることになりました。

徳川家康の江戸都市計画のところは、興味深く、NHK「ブラタモリ」でも
昔の東京の話が出ていて、水路の話など聞いたことがありましたが、
明暦の大火など、災害があったあとに、その対策をいろいろしたことや、
桜の名所をいくつか作ったことなど、興味深く読みました。

歴史小説や時代小説などは今まであまり興味がなかったのですが、
少し歴史を勉強してから、女性もいろんな生き方をしていたりして、
ちょっとそっちの方の本も読みたくなってきました。好みというのは
おもしろいですね、今まで嫌いだった食べ物が急に食べられるようになる
のと同じような感じでしょうか・・・?
[PR]

by arinko-mama | 2014-02-07 14:46 | 読書