ネット王子とケータイ姫 香山リカ+森健

a0020440_2124485.jpg長崎の小6の女の子が同級生を殺害した事件は記憶に新しいです。
このとき、小学校6年生が自分のHPをもち、そこへの書き込みの内容に腹をたてたことがコトの発端というようなことがいわれ、はじめて小学生のパソコン習熟度などの取材がされたように思います。
TVでみて、結構驚きました。
ブログでもたまに小・中学生の方が書いていますものね。

そのあとの奈良の児童殺害事件も、普段から防犯のために、首から携帯電話を下げて登校する小学生がいるんだという事実をはじめて知り、
その後、小学生ママたちの間で、防犯グッズをランドセルにつけるという対策を
とる人が増えてきました。

これから娘を育てていく上で、PCと携帯は必須になってくるのかもしれませんが、
どのように与えて、どのように使わせていけばいいのか、迷います。
そんな思いでこの本を読んでみました。
子ども達にとって、ネットや携帯は「自己の鏡」であり、「唯一の居場所」であるとのこと。
う~ん、それだけに固執しないように、うまく実生活とのバランスをとってもらいたいものです。
[PR]

by arinko-mama | 2005-04-10 21:29 | 読書