「眺望絶佳」 中島京子

短編集なので、好みではないものは少し飛ばして読みましたが、
最初と最後の東京タワーと東京スカイツリーの往復書簡がとても
秀逸でした。私はスカイツリーにはまだ行ったことがなくて、
なんとなく愛着がない感じです。

東京タワーをみるのは大好きで、子どもの頃、両親に連れて行って
もらって、初めて上から見た景色が忘れられません。下の道路を
走る車がミニカーのように小さくみえて、本当に驚きました。
大学時代、通学途中に東京タワーが見えるのですが、夜みると
ライトアップされていて本当にきれい。何度も元気をもらいました。

そんな東京タワーが書いた手紙が、震災後に書かれたようで、
いろいろな日本の移り変わりを見てきたことが感じられて、
人生の先輩から後輩への手紙のようで、とても素敵でした。
私も祖母や両親から手紙をもらいますが、年上の人たちから
学ぶことは本当に多いです。上司と部下、先生と生徒などなど、
いろんな人間関係があると思うけれど、年の離れた人と話をしたり、
やりとりをすることがこれから大事なのではないかと思いました。
[PR]

by arinko-mama | 2013-07-09 12:39 | 読書