「赤いクリップで家を手に入れた男」 カイル・マクドナルド

ネットで物々交換。赤いクリップから一軒家を手に入れるまでの物語。

読み進めているうちに、日本のTV番組「アンビリーバボー」にも
出演していることが分かり、あ~その時にみたかも、と思いました。

人はアイデアを思いついても、それを実際にやってみる前に、
どうせできないだろう。こうなったらどうしよう。といろんなことを
考えてしまってなかなか実行するまでたどり着かない。

でもカイルはずっとそのアイデアが頭の隅にあって、ついに実行に
移してしまう。実行していくと、いろんな人たちが自分のアイデアに
賛同して、乗っかってくれる。そしてまた素敵なアイデアをくれたり、
協力してくれたりするのだ。その過程がとても楽しく描かれているので
面白く読むことができました。

実際日本でやるには、私の場合家族もいるし、なかなか同じようには
いかないし、誰かが書いていたけれど、税金の問題もあるのかな。
マスコミが記事にしてからはとんとん拍子。それでもカイルはそれを
楽しむかのように、先に進んでいくところがいいし、家族も一緒に
協力しているところがいい。こんな風に物々交換すると、人と人が
つながるし、これからネットが発達したら、海外の人とも交流が
できるのかもしれないと思ったら、おもしろいなあ。と思いました。
[PR]

by arinko-mama | 2013-06-04 13:31 | 読書