「大富豪アニキの教え」 兄貴(丸尾孝俊)

ベストセラーになっていると新聞の広告か何かでみて知っていました。
どんな人なのかは全然知らなかったのですが、極貧生活から一転、
バリ島で不動産デベロッパーとして大富豪に。すごい豪華な生活を
送っていらっしゃるようで・・・

共感したところは、生きる目的のところで、自分が生きている間に、
自分のところでがんばって、少しよくして次の世代にタスキを渡さなければ
いけないというところ。今の日本があるのは、ご先祖さまや諸先輩方が
必死にタスキをつないできてくれたからこそ。という話。
本当にそうですね。震災もあったけど、そのたびに知恵を出し合って
少しずつ改善して、いろいろなものができたし、人の力はすごいと思います。

私は人づきあいが苦手で、一人で閉じこもりがちなのですが、
アニキはとにかく人と会いまくって、つながりまくることが大事という。
そうだからきっと人脈も広いし、こんな風に事業もたくさんできたり
するんですね。

あとは仕事に思い入れる時間を長くすること。今は残業もしたがらない、
休みをしっかり取るという風潮があるけれど、誰もみていないところで
たくさん仕事をして、祝日も頑張って成績をのばす。昔のような仕事の
仕方がいいとする考え方。結局人よりも努力!なんでしょうね。
なんというか、久々にガツーンとやられたような一冊です。
[PR]

by arinko-mama | 2013-05-29 16:10 | 読書