「二十歳の君へ」 立花隆

東京大学の立花隆ゼミのゼミ生の方々が、著名人にインタビューして
それをまとめたものや、立花先生の特別講義も収録されています。
やっぱり東大ともなると、皆さん難しいことを話しますね~。

レベルが高くてちょっとわからないこともありましたが、
20歳の学生の頃、何をすればいいのか、とても迷う時期だし、
今は就職活動もあれば、海外に留学する道もあれば、院に進む人も
あれば、ボランティアする人もあれば、起業する人もあれば・・・
多岐にわたっていて、すごく難しい時期だと思います。

リリーさんの「なるべく遠くの星を指さしなさい」という話。
目標を大きくもって、常にルーキーでいること。
そして他の人たちのインタビューでも、五感のアンテナをはること、
興味のあること、楽しいと思うことを大事に。とのこと。

子どもたちが大きな夢を語るときの目はキラキラしているけど、
どんな社会になってもそのキラキラを忘れないことが大事なんですね。
[PR]

by arinko-mama | 2013-02-05 11:49 | 読書