「心がほどける小さな旅」 益田ミリ

最近漢字が少し読めるようになった6歳の下の子に
「こころがほどけるちいさな・・・何て読むの?」と聞かれ、
「たびって書いてあるのよ」と教えてあげました。
かわいらしいイラストとほのぼのした文章が魅力の益田ミリさんの
本は、上の子も私もお気に入りです。

今回は、季節ごとに日本各地をめぐっています。
ご本人一人か、編集者猫山さんorお友達の女二人旅。
どこから情報を探していらっしゃるのか、水族館一泊ツアーや
第九を歌うグループに参加したり、徹夜で盆踊りをしたり・・・
旅行にもいろいろな種類があるんですね。子連れではなかなか
できないですが、日本もまだまだいっぱい魅力があるようです!

山口の秋芳洞だけ、唯一私も行ったことがあったのですが、
描写や絵が本当にそのままで、懐かしく思い出しました。
仙台の冬の寒さにくじけそうになる今日この頃ですが、
冬ならではの楽しみや、春を待ち遠しく思う気持ちなどは
寒いからこそなのかもしれませんね。
[PR]

by arinko-mama | 2013-01-23 11:20 | 読書