パラレルな世紀への跳躍

a0020440_847917.jpg装丁をみると、太田光って書いてあるけど、爆笑問題の太田さんよね?と確認しないと分からない感じですね。

爆笑問題は好きなコンビで、本もいくつか読んでいます。太田さんはジョン・アーヴィングがとても好きで、本人にインタビューに行ったこともあり、「オーエンのために祈りを」を特に勧めていますが、これを映画化した「サイモン・バーチ」が私もとても好きなのです・・・

さて、この本ですが、時事的なことを論じているのも興味深いけれど、時々出てくる小説というか、妄想というかの作品がとても面白いです。「ペット」「飛行少年」「移動する景色」「池袋の二人」などが好きです。基本的に、人間や動物がとても好きなんだけれど、でも決して交わろうとせず、一歩ひいた目で見ているタイプ。私もちょっと冷めてるところがあるので、考えていることが似ている気がして、笑えました。小説を書いたり、映画を撮ったりしたら、おもしろい作品を作ってくれるんじゃないかなあ。と期待しています♪
[PR]

by arinko-mama | 2005-02-03 09:09 | 読書