「聞く力」 阿川佐和子

a0020440_14175926.jpg
阿川さんのしゃきしゃきしたトークが好きです。
いつも好奇心いっぱいで、楽しそうにゲストの話を聞いている姿が
印象的です。その阿川さんが書いた「聞く力」読むのが楽しみでした。
新書にありがちな硬い内容ではなく、阿川さんのエッセイのような感じ。

自分の話を聞いてほしくない人はいない。ということ。
今、被災地に傾聴ボランティアとしていっている人がいたり、自殺予防の
いのちの電話などの相談にのっている人たちがいたりと、自分の心の
叫びを誰かに聞いてほしい人が多い、ストレスの多い時期になっているの
かもしれません。

私も子供たち二人育てる中で、自分が今日あった出来事を話すことより、
二人の日常の話を聞くのがとても好きで、いつも食事の時間やお風呂の中や
夜、眠る前などはかわりばんこにシャワーのように二人の話を聞きます。
男の子のお母さんに聞くと、息子は全然話してくれないとおっしゃいます。
女の子はその点、おしゃべりで、たくさん話してくれるので、とまらなく
なるほど。楽しいひと時です。

そういうときも、あまり先へ先へとせかしたり、こうすればよかったのに。と
非難めいたことをいうと中断してしまうので、なるべくすごかったね~。
大変だったね~と共感の言葉をいれたり、ママも同じような経験をしたよと
うなずきながら話したりと、聞き上手になろうと努力しています。

でも、初対面の人とはなかなかうまく話が展開していかず、特に誰も
知らないパーティーのような場所に行くと、本当に困ります。
いきなり話しかけるというのがとても苦手ですし、あまりいい感じに
答えてくれない人だと、嫌われてしまったのかと不安になります・・・
難しいですね。聞く力のほかに、輪の中に入っていく方法も教えてほしい
ところです・・・笑
[PR]

by arinko-mama | 2012-07-08 14:35 | 読書