「ニーベルングの指輪」 里中満智子

a0020440_13142161.jpg
オペラの名作を漫画にしたものです。上下巻あります。
「ニーベルングの指輪」はワーグナーのオペラ作品で、35歳から61歳まで
その作曲に時間を費やしたという大作とのこと。
前からどんな内容なのかと気になっていましたが、オペラを見る機会もなく、
上演時間も長いとのことで、漫画で簡単な話の内容だけでも知っておこうと
思って読んでみました。

実際の話はもっともっと入り組んでいて壮大なのでしょうけれど、
この漫画もよくまとまっていて、そのスケールの大きさに驚きました。
私はカタカナの人物の名前を覚えるのが苦手で、特にファンタジーものなど
誰と誰の娘が誰で、ナントカという国の・・・なんていうのだけで、もう
お手上げ状態なのです。この本も登場人物が多く、最初から最後まで、
人物相関図を何度も何度も確認するという・・・こんがらがってくる。

でもいろいろな物語の基本になっているような気がして、調べると
崖の上のポニョや、スター・ウォーズなども関係があるとか。
昔の名作や大作を知っておくというのもいいですね。ギリシャ神話や聖書も
本当はきちんと読みたいところですが、なかなか・・・
こんな風に、いろいろな漫画になっているのを読むというのもいいかもしれません。
[PR]

by arinko-mama | 2012-05-28 13:23 | 読書