「センス・オブ・ワンダーを探して」 阿川佐和子 福岡伸一

a0020440_2146953.jpg
阿川さんのエッセイ以外の本を読んだことはないけれど、そのハキハキした発言と、インタビュー能力の素晴らしさが大好き。
この二人の対談を朝の番組でみたけれど、とてもよかったので、
普段手に取らないような分野の書架に並んでいた一冊を借りてきました。

センスオブワンダーというのは、神秘さや不思議さに目を見はる感性とのこと。
子どものころにいろいろなもののオーラを浴びることが、その人をずっと
支えていく。

今の人たちは多角的な視点やバランスが欠けているのではという話や、
福岡さんのいう動的平衡という意味では、周囲への気配りも動的平衡では
ないか。世の中にはまったく気配りのできない人がいる。という話もおもしろい。

そして、震災や原発の事故後の日本・世界は今後どうなっていくのか、という
疑問を福岡ハカセにぶつけていく阿川さん。昔の生活に戻ることはもうできない。
戻るのではなく、ベクトルを変えましょうということ。
こんなバランス感覚のある先生が、子どもたちにいろんな話をしてくれると、
授業が楽しくなりそう。これからもいろいろな本を書いてほしいです。
[PR]

by arinko-mama | 2012-05-07 22:02 | 読書