「ブータン王室はなぜこんなに愛されるのか」 田中敏恵

a0020440_22112956.jpg
昨年の国王夫妻の来日の様子をみて、ブータンに興味を持ちました。
国民総幸福量(GNH)を尊重する国として、注目されています。

この本を読んで、国の歴史や王室について知りました。
あまり知らなかった難民問題や、王室の過去の歴史も知りました。
観光についてもある種の制限をしていることなど。

国王が海外の教育をきちんと受けていたり、自国の小学校を周っていたり
国民の意見に耳を傾けて改善しようとしていたり・・・

いずれにしても、国民が自分の国に誇りをもち、民族衣装をきちんと
着こなし、幸せであると言い切ることができるというのが素晴らしいと
思いました。

日本も素晴らしい文化や技術を持っているし、世界レベルのものが
たくさんあるのに、子供たちはなかなか自分の国や自分のことに
自信が持てずにいるようです。過去と比較したり、常に進歩を求めるのではなく、
今の状態を肯定する動きがあるといいのに・・・と思います。
自分の娘たちにも自信を持ってもらいたいので、国王を見習って、
なるべくいい言葉かけをしてあげたいです。
[PR]

by arinko-mama | 2012-04-19 22:32 | 読書