「きのうと同じに見えるけど」 夏石鈴子

a0020440_2140074.jpg
夏石さんの本はいくつか読んだことがあります。
女性のなにげない日常を描くのがとても上手な作家さんです。
この本は、シリーズの2冊目だったようで・・・でも面白かったです。

タイトル通り、きのうと同じに見えるけど、みんな誰でも少しずつ
きのうと違うことを考えたり、行動したりして成長しているんですね。
毎日、いろんな人とかかわったり、情報を得たりして考えるうちに、
変化していく日常。

この春、新しいスタートをきったひともたくさんいると思います。
我が家は上の子が中学校に入学しました。
部活というものを見学したりして、少しずつ中学校というものに
自分を適応していくのに毎日ちょっと疲れているような感じです。
母親としては、できるだけ話を聞いて、肯定してほめようと思ってます。

この本の主人公は20代。考えていることも自分が20代のころを思い出す
ような内容です。20代ぐらいの人が読んだら、共感できることがいっぱい
あると思います。今度はもう少し年齢が上の主人公の本を読んでみようかな~。
[PR]

by arinko-mama | 2012-04-19 21:55 | 読書