「しあわせ節電」 鈴木孝夫

a0020440_1322258.jpg
福島原発事故からおよそ1年。節電、節エネに心がけてきました。
でも、鈴木孝夫先生のように、震災前からごく普通に節電を心がけて
いる方もいます。
でも、その徹底ぶりがすごいです。
腕時計はねじまき式のもの、トースターも昔からのもの、
犬のえさはパンの耳、車の洗車はしない。鉛筆はキャンパスで拾う。
などなど。

私の祖母は、同じような時代の人なので、傘が壊れたとき、
ちょっと拝借と、ごみに出された傘から部品を調達していましたし、
いろんなものを大事に使っています。

電化製品は何年かするとすぐに壊れて、修理するよりも買ったほうが安いと
いつも言われます。そして学校に入ると、こういうものが必要です、と
強制的に全員同じものをそろえなければいけません。
家にあるものでいいですよ。とか、必要なくなったものはリサイクル
できればごみもでないし、もっとすっきり暮らせるのに。と思います。

鈴木さんの徹底ぶりを少しでも見習って、地球にやさしい生き方を
していきたいと思います。
[PR]

by arinko-mama | 2012-02-27 13:15 | 読書