Aesop's Fables イソップ物語

a0020440_6424845.jpg
語数がわからないので、多読ではなくて、読書のカテゴリにします。
「北風と太陽」や「田舎のねずみと都会のねずみ」など、それぞれ絵本などで
読んだことがあって知っているものもありましたが、
短くて、教訓めいたお話が40個入っていておもしろかったです。
単語でわからないものは最後にちょこっと語句の解説があるので、
確認しながら読みました。
レベルが☆1つだったので、読みやすかったです。

中学校の教科書に小泉八雲の「むじな」があったと思いますが、
今はどんな教科書なんだろう?娘の中学校入学が楽しみです。
イソップ物語など、教材に使うのもいいのでは?と思います・・・

子供のころはイソップ物語って、なんだかつまらないというか、
お説教みたいな、だから何なの?みたいであんまり好きではなかったけど、
大人になってから読むと、深いものがありますね。
やっぱりこういうむか~しからある物語って、人間の普遍的な歴史を
感じます。世界共通だから、いろんな話題によく取り上げられるし、
教養として知っておくといいのかもしれません!
[PR]

by arinko-mama | 2012-02-14 09:56 | 読書