「東京観光」 中島京子

a0020440_14493867.jpg
今までに書かれた短編を集めたものでした。
中島京子さんの作品は、「平成大家族」「ハブテトルハブテトラン」
の2冊を読みました。どちらもよかったです。

今回の短編の中では、「ポジョとユウちゃんとなぎさドライブウェイ」
と「東京観光」が好きでした。旅行に行くのですが、そのときに
偶然あった人との交流の描き方がなんだかよかったです。

石川県に「なぎさドライブウェイ」という8キロの白い砂浜が
続くところがあるのだそうです。素敵ですね。
石川県は大学生の時に、金沢にしか行ったことがなくて、
海沿いは行かなかったので、本を読んでいたら行きたくなりました。
九十九里浜みたいな感じで、もっと海が日本海らしく濃いブルーの
海なんだろうなあ・・・

「東京観光」も結局東京タワーや、浅草の観音様やディズニーランド
も全然行かなかったけれど、とても印象深い観光だったという・・・
そうですよね、観光地だけが旅じゃないですものね。
雨で全然面白くなかったり、車の渋滞にはまったり、いろんなことが
おきても、そこでみたもの、あったことが全て旅なんですよね。
思い出もそういうのと一緒に記憶していたりします。

なんかそういうなんでもない人と人の触れ合いみたいなのを
描くのが上手な作家さんだなあ、と思いました。
でも、今回の短編より長編の方が好きかなぁ。
[PR]

by arinko-mama | 2011-09-04 15:03 | 読書