「サマーバケーションEP」 古川日出男

a0020440_1336395.jpg
古川日出男さんの本、初読みです!
20代ぐらいの人が雑誌で紹介していて、読んでみようかな。と本棚でパラパラ。
この本が入りやすそうだったので、読んでみました。

夏休み。井の頭公園からスタートします。
ちょっぴり実験的小説風の出だしで、戸惑いましたが、面白いかも。
井の頭公園、昔行ったなあ~。
あそこでボートに乗るカップルは、別れるよとかいう伝説があるんですよね。
その話ももちろん出てきて、いいアクセントになってます。
公園に行ったことある人はぜひ読んでみてください!!

偶然井の頭公園で出会った大人三人。
それから海まで行ってみよう!と、川沿いを歩いて、歩いて、歩いて・・・・
だんだん人数が増えたり、減ったり。
なんという出来事もなく、だらだらと。
大人になってから、こんな風に一日ぽっかりあいて、
何にも考えることなく、ただ散歩をするなんて、ないなあ~・・・

夏休みだから、途中に登場するアイスや、ミスドのドーナツ。
う~ん、おいしそう。みんなで違うのを食べたりするの。
学生時代は、学校の帰りにみんなでアイス食べたなあ。
そんなことを思い出す、かわいく懐かしい夏休み。なかなかいい感じです。
[PR]

by arinko-mama | 2011-05-31 13:43 | 読書