「情の力」 五木寛之

a0020440_14543055.jpg
パパが読んでいた本を拝借。
短めのエッセイがいっぱいで、読みやすかったです。
震災前に読んでいても、きっとなるほど。と思っていたと思うけれど、
今だからこそ、このエッセイが身にしみます。

2002年に出版された本ですが、この頃からすでに携帯電話が普及し、
コンビニで言葉をかわさずに買い物ができる。などの状況ができあがって
自殺率が年々高まりつつあって。という世の中。
そんな中、情の力が大事。という言葉。

今回の震災をとおして、当たり前のことが本当にありがたく感じました。
近所の方と挨拶をかわすこと、子供たちと仲良く暮らせること。
困ったときは助け合うこと。いろんなことを感じました。
今のこの気持ちを長く長く持ち続けたい。
そして、日本が復興できるようにできる限りのことをしていきたい。
五木さんのこの本をたくさんの人に読んで欲しいです。
[PR]

by arinko-mama | 2011-04-06 15:02 | 読書