「雷桜」 宇江佐真理

a0020440_1422353.jpg
被災地に絵本や児童書を送る活動をしているというニュース。
読書をすることで、少しでも心の安らぎを得ることができたなら・・・と思います。
震災後、言葉のパワーというものを知りました。
いろいろなメッセージが力をくれますね。
そして、歌の歌詞も勇気をくれました。ラジオの言葉も元気をくれました。

桜が咲き始めました。
ずっと借りれなかった「雷桜」の文庫が新刊に並んでいました!
蒼井優ちゃんが原作を読んで、演じてみたいと思っていたら、
映画化の話がきた。という話をどこかで読みました。

宇江佐真理さんは初めての作家さんで、時代小説はほとんど読んだことが
ないので、どうかな・・・と正直思っていたのですが、
とても読みやすくて、すーっと入っていけました。

震災後、日本人の情の深さ、人と人との絆の深さに感動しているせいか、
この作品を読んでいてもしみじみとまた日本っていいなあ。と
感じてしまいました。
こういう美しい作品を映画化するのは大変だったと思いますが、
機会があったらDVDでみてみたいです!
[PR]

by arinko-mama | 2011-04-04 14:38 | 読書