「日本人の原型を探る 司馬遼太郎歴史歓談Ⅰ」

a0020440_144663.jpg
湯川秀樹氏、岡本太郎氏などとの対談が収録されています。
司馬遼太郎さんの知識もすごく幅広いのですが、対談する中で、
いろいろな専門の方の知識と意見を聞きながら、なるほどそういう考え方も。
とか、逆もあって、二人の間で歴史に関する知識が広がっていくさまを
読むことができるのが楽しかったです。

歴史を語るのは、ある程度推測でしかないところもあるけれど、
もしかしたらこうだったのかな。なんて考えることが面白くて、
今回もまだ全然知らないことばかりだったけれど、
少しだけ日本人のルーツを知ることができてよかったです。

日本人のことをいろいろ読んでいると、今住んでいる九州地方は
アジアにすごく近くて、いろんな影響を受けて続いてきたんだな。と
感じます。今回の東日本震災があってから、日本というものを
一つの列島として考えることが多くなって、私は東北地方に行ったことが
ないから、地名とか全然分からなかったんだけれど、改めて
どの辺りなのか、地図をみたりして、海沿いの地域の位置を確認したり
しています。小学校でもそういう授業をしているそうです。

日本人がどういう道のりをたどってきたのか、災害をどんな風に乗り越えて
きたのか、もう一度知恵を出し合って、みんなでがんばるときですね。
まだまだ知りたいことがたくさん出てきました。
読書ぐらいしかできませんが、一生懸命勉強したいと思います。
[PR]

by arinko-mama | 2011-03-31 14:58 | 読書