2010 ベスト10

今年は124冊読みました!
去年より少し少なめでしたけど、いろんなジャンルの本が読めて
とても充実した内容だったと思います!

 「ソーネチカ」 リュドミラ・ウリツカヤ
 「世界クッキー」 川上未映子
 「海からの贈り物」 リンドバーグ夫人
 「碾臼」 マーガレット・ドラブル
 「虞美人草」 夏目漱石
 「尼僧とキューピッドの弓」 多和田葉子
 「夕子ちゃんの近道」 長嶋有
 「花埋み」 渡辺淳一 
 「at Home」 本多孝好

女性を中心とした物語が多くなってしまいますが、やっぱり読書によって
いろんな人物の生き方や家族とのかかわりなど、勉強になるところが
多いです。
今年は歴史にも少し興味がでてきたので、幕末の話や少し古い時代の
話も読んでみたりしました。
引き続き2011年もその辺りを読んでいきたいとおもってま~す。

多和田さん、長嶋さん、本多さんは何冊読んでも好きな作家さんで、
固定してきました。新作が楽しみです! 

上の娘は、私の影響か、自分が読んだ本のタイトルと著者を記録する
読書ノートをつくりはじめました。感想の記録はないようです^^
私より冊数が多いのがすごいです。スピードが速い!
そして下の子はポツポツと文字を追いながらいろんな絵本を自分で
読んでいます。幼稚園の話が好きです^^
ま、図書館でたくさんかりて、たくさん読んで欲しいものです・・・
[PR]

by arinko-mama | 2010-12-28 11:01 | 読書