「爆笑問題が読む龍馬からの手紙」 爆笑問題

a0020440_11153217.jpg
2005年に出版されているこの本。
太田さんは龍馬の大ファンで、生き方にも影響を受けているよう。
今は大河ドラマを毎週かかさずみているらしいです。

私も大河をみたいところですが、なかなか・・・でも時々みたり、
長崎や山口への旅行で、龍馬について少し知ったり、
幕末の本を読んだりして、この時代の知識がつきました。

龍馬はたくさんの手紙をかいていたようで、現存で139通あるとのこと。
現存されているというだけでもすごいですけどね。
そのうち9通を紹介しながら、お二人の対談が続きます。
結構脱線が多くて、でも、龍馬の手紙から、自分たちの人生は
どうだったか、仕事の仕方はどうだったか、いろいろと話して
いるので、とても楽しく読めました。

みんなそれぞれ、大河をみたり、「竜馬が行く」を読んだりして、
龍馬の短く、ぱーっと駆け抜けていった生涯を知り、
それに自分を重ね合わせてみたり、元気付けられたりするの
だと思うし、実際には会うことはできないけれど、手紙から人柄が
分かったりするのは本当に素晴らしいことだと思いました。
[PR]

by arinko-mama | 2010-10-15 11:23 | 読書