「旅行ノススメ」 白幡洋三郎

a0020440_22315399.jpg
「旅」は苦しくつらいできごとと結びつけて考えられ、「旅行」は明るく楽しいイメージと結びついている。
と、冒頭で民俗学者の柳田国男が述べたことを取り上げています。

今は海外旅行が当たり前、サッカー観戦のために南アフリカへのツアーが組まれていたり、
子連れでもどんどん海外に出かけていく家族の映像がニュースでも流れます。
そもそも、こんな風に旅行が盛んになっていった背景はなんだったのか。
昭和に入り、交通機関が発達し、国立公園の誕生などのいろいろな条件が加わり
庶民の旅行が増えていったようです。
ここで、「サザエさん」を取り上げているところが分かりやすかったです。

修学旅行、新婚旅行、社員旅行・・・
今までそういえばいろんな旅行に行ったなあ。と思い出しました。
子供の頃にみたクイズ番組の優勝商品は「ハワイ旅行」でした。
未だに「世界ふしぎ発見」や旅番組をみては、行ってみたいなあ。と思うことしきり。
旅行によって、自分の教養を深め、異文化を体験したり、感動したり・・・
たくさんの人々が行き来することで、文化、社会に大きな変化をもたらす
力があるとのこと。本当にそうですね。
「旅行ノススメ」面白かったです!!
[PR]

by arinko-mama | 2010-07-01 22:58 | 読書