「町かどのジム」 エリノア・ファージョン

a0020440_11192667.jpg
初版は1965年。私が生まれる少し前。
どこの図書館にも必ずおいてありそうな必読書。でも読んでいませんでした・・・
いつものように娘が読んだあと、「ママ、いいお話だったよ。」というので、
私も読んでみました。

次の8月10日(下の子と同じバースデー)で80歳になるジムはいつも町かどの
ポストのそばミカンばこにすわっていました。
8歳のデリーはそのとおり沿いに住んでいて、デリーが散歩にでかけるときは
いつもジムがいて、挨拶を交わす仲。ジムがいると安心でした。
ジムは昔船乗りをしていたので、その当時の話をたくさん聞かせてくれます。

もうすぐジムの誕生日。「なにがいちばんほしい?」とデリーが聞くと、
「海を見ること。あのにおいをかぐことができたらなあ。」と答えたジム。とても素敵です。
ラストがとてもおしゃれで夢があっていいです。
子供の読む本はこんな風に憧れの人物が登場して、人が温かく、愛にあふれ、
ラストがハッピーなのが一番!と思うのですが・・・今はいろいろですねっ。
挿絵もかわいくてとてもいい本でした。
[PR]

by arinko-mama | 2010-06-08 11:28 | 読書